ピンキープラスは癌になるってホント?

 

バストアップサプリを飲むと、癌になりやすいというウワサがあります。
女性をサポートするサプリなのに、病気になるなんて本末転倒ですよね。

 

ピンキープラスも癌になる可能性があるのでしょうか?
癌になるリスクが少しでもあるなら、飲むのは控えたいですよね。

 

実際のところピンキープラスを飲んだからといって、癌になるリスクが高くなることはないようです。

 

バストアップサプリは癌になりやすいというのは本当か?

女性ホルモンのエストロゲンが急激に増えると、乳がんになりやすいと言われています。
バストアップサプリには植物性エストロゲンを多く含む、プエラリアサプリが使われています。

 

プエラリアを摂取すると体内のエストロゲンが増えますので、癌になるリスクがあるのでは?という疑問が、「バストアップサプリは癌になる」というウワサになって広がったようです。

 

植物性エストロゲンは癌には関係ない

エストロゲンが急激に増えると乳がんになりやすいと言われていますが、プエラリアに含まれているのは植物性エストロゲンとなります。

 

植物性エストロゲンと癌の因果関係はないとされており、バストアップサプリは癌になりやすい…というのは信ぴょう性がないことになります。
医学的にも、そのような事実は確認されていないようです。

 

プエラリアは副作用が多い

癌になるリスクは低いと思われるプエラリアですが、副作用の報告が多い成分ではあります。
肌あれ、頭痛、腹痛、下痢、不正出血、生理不順などの副作用が出やすくなってしまうようです。

 

プエラリアのエストロゲンにより、ホルモンバランスが乱れることが原因のようです。
体質に合わない女性も多いようで、飲み続けるのが困難…となってしまうケースも少なくはありません。

 

ピンキープラスはプエラリアの使用なし

癌にならないとしても、副作用が起きるのは避けたいですよね。
副作用が少ない女性サポートサプリとして人気なのが、ピンキープラスです。
ピンキープラスはプエラリアが全く配合されていません。

 

女性をサポートする成分はブラックコホシュというハーブ。
ブラックコホシュは女性ホルモンの量を調節し、足りなければ増やしてくれる作用があります。

 

結果、バストアップなどの効果は期待できるのに、副作用が少ないんです。
どんな体質でも飲みやすく、多くの女性が続けたいと感じているサプリです。

 

ピンキープラスは癌になるのか?

ピンキープラスは天然植物成分を使用し、副作用が少なく身体に優しいサプリ。
癌との因果関係はありません。

 

ブラックコホシュは癌のリスクを減らす?

ピンキープラスの主成分となるブラックコホシュは、医療用としても使われているハーブです。
女性の疾患に良いとされており、乳がんの療養に使われることもあるそうです。

 

また、更年期障害でブラックコホシュを摂っていた女性は、乳がんの発症率が低いというデータもあるのだとか。

 

ブラックコホシュを配合しているピンキープラスは、癌になるどころか癌のリスクを減らす作用があると言っても良いでしょう。

 

ピンキープラスの添加物

癌の発症に関係していると言われているのが添加物です。
ピンキープラスは無添加ではなく、いくつかの食品添加物が使用されています。

 

食用サフラワー油

ベニバナ油とも言われ、酸化防止剤として使用されます。
食品添加物ですが、抗酸化作用がありコレステロールを低下させるなど健康に良い成分でもあります。

 

ゼラチン

増粘剤、安定剤として、食品にはよく使用されています。
ほぼタンパク質です。

 

グリセリン

アルコールの一種。
医薬品にも使われている成分です。

 

ミツロウ

蜂の巣を構成する成分です。
化粧品などに使われることが多いですが、光沢を出すために食品に使われることもあります。

 

グリセリン脂肪エステル

食品用の乳化剤です。
ケーキや菓子類に使われることが多いです。

 

危険な添加物はない

ピンキープラスにはいくつかの食品添加物が使われていますが、健康被害を起こすような危険な成分ではありません。

 

使用されているのは少量ですし、特に問題はないでしょう。
食品添加物が入っている=癌になるということはなく、ピンキープラスは安心して飲めるのではないでしょうか。

 

現在食品添加物のサプリへの使用には、厳しい規制があります。
ピンキープラスはそれをクリアしていることになります。

 

国内の工場で製造されていますし、品質管理も徹底されています。
ピンキープラスは危険性は低いサプリでしょう。

 

ピンキープラスを安全に飲むために

ピンキープラスを飲んだからと言って、癌になることはありません。
しかし、安全に飲むために、以下のことは守ってください。

 

すでに癌がある人は飲まない

乳がんの人が植物性エストロゲンを摂取することにより、癌細胞が増殖することがあるようです。
乳がんが悪化してしまう可能性がありますので、ピンキープラスの飲用はさけましょう。

 

過去に乳がんになった経験がある方は、医師に相談をしてからピンキープラスを使用するようにしてください。
自己判断をするのは危険です。

 

過剰摂取はしない

ピンキープラスは1日2粒を目安に飲みます。
摂取量を守り、過剰に摂取しないようにしましょう。

 

ピンキープラスには癌になる成分や、副作用を起こしやすい成分は含まれていません。
しかし、多量に摂取することにより、健康被害を起こすことはあります。

 

バストアップサプリで癌になったケースがある?

サプリを飲んでいた人が乳がんになったというケースはあるかもしれません。
しかし、癌を発症した原因はサプリであると、はっきり言いきることはできないでしょう。

 

人間は誰でも癌細胞を持っているそうです。
発症するかしないかは、身体の代謝や免疫力に関係があります。

 

サプリを飲んでいなくても癌になった可能性はあるわけで、バストアップサプリのせいで癌になった…というのは見当違いではないでしょうか。

 

まとめ

プエラリアサプリやピンキープラスを飲むことにより、癌になることはないです。
バストアップサプリで乳がんになるというのは、あくまでもウワサであると思っておいて良いでしょう。

 

ピンキープラスは副作用が起こりにくいサプリです。
健康を害することなく理想のボディを目指しやすいので、安心して続けられるでしょう。

 

ピンキープラスの口コミと効果は?22人の口コミを紹介!