ピンキープラスを飲むと怖い副作用が起こる?

 

バストアップサプリは、副作用が起きやすいと言われています。
ピンキープラスの副作用ってどうなの?と心配になりますよね。

 

ピンキープラスは、副作用が少ないサプリとして人気です。
バストアップサプリは怖い…と思っている女性も、ピンキープラスなら続けられるかもしれませんよ。

 

バストアップサプリで起きる副作用

バストアップサプリを飲んで、副作用が起きたという口コミは少なくありません。

 

頭痛
腹痛
下痢
不正出血
生理不順
肌荒れ
吐き気

 

などの症例が、いくつも報告されています。

 

バストアップサプリで副作用が起きる原因

バストアップサプリで副作用が起きるのは、ホルモンバランスが乱れたことによると言われています。
プエラリアサプリを飲むと、急激にエストロゲンの量が増えてしまうためです。

 

ピンキープラスの副作用

口コミなどから、ピンキープラスで起こり得る副作用をまとめてみました。

 

ニキビが増える

ホルモンバランスの乱れにより、ニキビが増えたと思われます。
ピンキープラスの女性サポート成分のブラックコホシュにより女性ホルモンが増え、バランスが崩れてしまったのでしょう。

 

飲み続けることにより、徐々に症状はおさまることが多いようです。

 

太る

バストアップサプリに多い副作用ですね。
ピンキープラスには、女性らしい体型にする作用があります。
全体的に丸みを帯びたフォルムになることで、「太った」と感じることがあるようです。

 

バストの痛み

バストが張って痛みがある…というのは、ピンキープラスが効いている証拠です。
成長期や生理前にバストが痛くなることってありますよね。

 

それと同じで、バストが成長している証なんです。
バストの痛みは嬉しい副作用と言えるかもしれません。

 

眠くなる

ピンキープラスを飲むと、眠気を感じるケースがあるようです。
眠くなるのは、ピンキープラスに眠りをサポートするバレリアンなどが配合されているからと思われます。

 

アルコールと一緒に摂取をすると強い眠気に襲われる可能性があるようですが、ピンキープラスを水かぬるま湯で飲めばそれほど強い眠気が起こることは少ないでしょう。

 

副作用が起きやすいサプリとは?

副作用が起きやすいサプリには、共通点があることがわかりました。
安心して飲みたいなら、質の高いサプリを選ぶようにしましょう。

 

粗悪な原材料を使っている

サプリの原材料は重要です。
質が悪い原材料を使っていると副作用が起こりやすくなってしまいます。

 

何が使われているのか良くわからないサプリは、危険なので飲むのはやめましょう。
ピンキープラスは厳選された成分を使用しているので安心です。

 

プエラリアが含まれている

副作用の原因が、プエラリアにあることは多いです。
プエラリアは体質により合う合わないがあったり、収穫場所や収穫時期、樹齢などにより品質に差が出やすかったりするので、副作用が出やすくなってしまうんですね。

 

ピンキープラスのバストアップ成分は、ブラックコホシュになります。
プエラリアは使われていませんので、副作用の確率は低いサプリと言えます。

 

海外製である

海外製のサプリは、どのような環境で製造されているのかがわかりにくいです。
また、欧米人向けに作られており、日本人女性の体質には合わないサプリも多くあります。

 

ピンキープラスは衛生管理の行き届いた、日本の工場で製造されています。
日本の女性に向けて開発された製品でもありますので、安心、安全に使用しやすくなっています。

 

ピンキープラスで副作用が起きる理由

ピンキープラスは副作用が起きにくいサプリです。
しかし、副作用が100%起こらないとは言いきれません。
どんな商品であっても、完璧ということはありませんからね。

 

過剰摂取

サプリは決められた摂取量があります。
ピンキープラスなら、1日2粒までです。
1日3粒、4粒と飲んでしまうと、副作用のリスクは高くなるでしょう。

 

ピンキープラスは医薬品ではないので過剰摂取しても重篤な副作用が起こる可能性は少ないのですが、メーカーが推奨する摂取量は必ず守るようにしたほうが良いでしょう。

 

飲む時期

バストアップサプリは、生理周期により飲む量を変える方が良いとされています。
ピンキープラスはプエラリアが入っていないので生理を気にせずに飲んでも良いのですが、人によっては体調が悪くなることはあるようです。

 

生理中は量を減らすなど、体調に合わせて飲む量を調節すると良いでしょう。

 

疾患がある

疾患によっては、ピンキープラスの成分が良くない影響を及ぼすことがあります。
通院中、薬を飲んでいるといった方は、医師に相談をしてから飲むようにしてください。

 

体質に合わない

副作用が少ないピンキープラスですが、体質に合わないということはあると思います。
もしかしたら配合成分で、アレルギーを起こしてしまうことだってあるかもしれません。
体質に合わないときは残念ですが、ピンキープラスを続けることは難しいでしょう。

 

妊娠中や授乳中は大丈夫?

ピンキープラスは医薬品ではなく、栄養補助食品となります。
身体への影響は少ないのですが、妊娠中や授乳中は女性ホルモンの分泌が盛んな時期です。

 

それにデリケートな時期ですし、ピンキープラスの成分が負担になってしまう危険性があります。
妊娠中や授乳中は、ピンキープラスの服用は控えた方が良いでしょう。

 

授乳でバストがしぼんでしまった…という女性も多いです。
授乳後にバストに悩みが出てきたら、ピンキープラスを始めてみてください。

 

ピンキープラスで副作用が出てしまったら

身体に良くない影響が出たら、飲む量が多かった可能性があります。
1日の飲む量を減らしてみましょう。

 

それでも体調が良くならない、悪化する…というときは、使用を中止して様子を見てください。
ピンキープラスのメーカーに問い合わせをして、飲み方のアドバイスをしてもらうのもおすすめです。

 

症状によっては、医師の診断を仰いだ方が良い場合もあります。
心配であれば、医療機関を受診しましょう。

 

まとめ

ピンキープラスは摂取量を守って飲めば、副作用は少ないサプリです。
プエラリアが使われていないので、プエラリアによる副作用が心配な人、過去に飲んで体質に合わなかった人などにもおすすめでしょう。

 

ピンキープラスの口コミと効果は?22人の口コミを紹介!